新卒と問題

新卒

新卒について

新卒と問題

日本の大学はほとんど3月が学期末で4月から新学年という制度です。

そのため、3月に卒業した学生を4月からそのまま新卒として採用する企業が多いため、学生は大体前年度の10月ころに会社から内定通知を貰います。

早い場合は、夏前に内定通知を貰う人もいるようです。

しかし、この不況の時代、内定を出した後に会社の経営が悪くなったりして、内定を取り消されてしまう新卒の人が多発し、折角内定を貰った人が再度就職活動をしなければならない、しかし、既に大抵の企業が応募を締め切っているという状況で、就職浪人をするなどといった問題が昨今のニュースになっています。

内定取り消しは契約不履行になる場合が殆どですが、依然としてこういった問題があるのです。