日本企業と新卒

新卒

新卒について

日本企業と新卒

昔の日本企業は終身雇用というのが一般的でした。

不況の今の時代、どんな大手の企業でもいつ倒産するか分かりません。

まだ記憶に新しいリーマンブラザーズが倒産してしまったり、山一證券も倒産してしまいました。

そういう状況を目の当たりにして、終身雇用よりも安定している会社を望む傾向が強くなりました。

新卒の人を対象とした調査では、お給料の良い、外資系商社や外資系証券会社よりも、安定した公務員になりたいという人が多いようです。

また新卒で外資系に働いている人は残業が多くとても大変ということを良く聞きます。

しかし、公務員は定時で上がれることが多いようで、新卒で外資系に勤めた後、公務員に応募する人も沢山居るようです。